タグ:イタリア料理 ( 8 ) タグの人気記事

アメリカ式ミートボールの作り方

ども。

最近児ポ法が話題になっているようですが、なかなか面白いですね。今ちょうどおたく文化のセクシュアリティを研究のような、趣味で調べてるような、そんな感じの事をしているのでかなりタイムリーです。
特に面白いのが法の側では、どうも漫画、アニメの未成年に向けられた欲望と現実の未成年への性的欲望の区別が全くされていないところ。漫画、アニメの擁護側ではこの二つの欲望の区別があまりにも過ぎて全く別の物のように扱われている印象を受けます。80年代のロリコンブームに関して永山薫が書いていますが、幼女が祭り上げられたのは「かわいい」という属性に対するフェティシズムの対象として適していたからであり、ロリコンブームの消費者に本物の幼女性愛者はあまりいなかったらしいです。しかしこのロリコンブームの「かわいい」のフェティシズムは同時期の少女文化に対するフェティシズム(制服カタログなどの人気を考えるとこれは確実に現実の少女達に向けられた欲望ととらえても間違いはないと思います)に密接に結びついている為、ロリコンブームのイラスト上の少女と「現実」の少女は完全に同質でも異質でもなく、非常にアンビバレントな関係を保っていると私は思います。

あとこれは2010年の青少年条例でも同じでしたが、アニメ、漫画の表現の規制に対して、表現の自由や文化の保護を唱えるの若干ずれている気がします。何しろ規制の可能性が出てくるのは漫画、アニメが文化的な価値に乏しいという大前提に基づいているのですから。あと文化的な価値を訴えるというのは、法に反する性行為の表現にも関わらず作品に価値があるという主張であるため、性行為の表現の規制自体を問題視する事にはなりません。愛のコリーダ裁判で、大島渚は自分の作品の文化的価値を主張するよりも、「わいせつ」が規制される理由を問い続けたといいますが、アニメ、漫画の規制に対しても文化的価値を推すより、規制の意義を問う方が面白い議論を生む事になると思います。


で、欧米料理の睾丸とも言われるミートボールですが。

d0188704_614358.jpg



最近子牛のひき肉が手に入ったので作ってみたのですが、レシピを色々見ているうちに
アメリカ式ミートボールの中身は日本風のそれとはかなり異なる事が分かりました。

日本風と共通する部分は、
パン粉
卵、
塩こしょう

位です。日本風では必ず入っているタマネギは入りません。あと牛乳も結構レアです。

かわりに、
数種のひき肉(豚、子牛に人によっては鶏レバーが入ります。とりあえず色々入れたらうまいようです。)
イタリアっぽいハーブ(パセリ、バジル、オレガノなど。フェンネルシードなんかも)
チーズ数種:
パルメザン系ハードチーズ。大量に入ります。
他チーズ。プロボローヌなんか。リコッタが手軽です。自家製パニールと同じ作り方
(水抜きは軽めに)で大丈夫なので、結構安上がりです。
これに人によっては塩漬け肉、薫製肉を入れたりします。

日本風に比べボリュームがありながらも、口当たりは軽めのミートボールが出来ます。
これを安いフランスパンにこれでもかと詰め込むと(ペッパーの酢漬けなどを入れるとちょっとしたアクセントになります)
うまいヒーローサンドが出来ます。


最近、カニエウェストの新しいアルバムを聞いて驚愕しました。
もっと聞きやすい系ヒップホップを作る人だと思っていたのですが、
トラックがスロッビンググリッスルなどの初期インダストリアル音楽を思わせます。

こんなん

パーティーチューンとかとは無縁の生活をしているので、ミートボールサンドをトマトソースだらけのシャツで食べ、
酩酊しながらくらい部屋で聞いています。

うぇーい。
[PR]
by surcredibility | 2013-06-27 06:26 | グルメ・クッキング

グラタン

冷凍食品にノスタルジアを感じる所に自分の現代っ子ぶりを感じます。
急に冷え込んできたせいか、冷凍マカロニグラタンが無性に食べたくなったのですが、
もちろんこの地方にそんなファンシーなものを売っている訳がないので、自分で作りました。
結果は、微妙です。

冷凍グラタン特有の、ソースとマカロニが一体化していない、
チーズの層を破るととろっとしたパスタとソースがもろっと出てくる感じを目標としました。

試作品一号:
d0188704_1345569.jpg


みんなのきょうの料理にあるマカロニグラタンレシピを参考に作りました。
具はブロッコリと鶏肉。ソースは普通のベシャメル。

オーブンでしばらく焼くせいか、ホワイトソースがマカロニに吸い込まれ、
小麦粉とミルクの固まりみたいになりました。
ぐちゃぐちゃにしてトマトソースをかけると結構食えます。

オーブンで20分程焼く標準的なレシピです。
それにしても、こういった一体化グラタンって需要があるのでしょうか。

試作品二号:
d0188704_135221.jpg


アメリカのマカロニが矢鱈と小さいため、ペンネを使いました。
具はタマネギとひょうたんかぼちゃの賽の目に切ったもの。
ベシャメルの量を増やそうと思ったのですが、牛乳が残り少なかったため、
前回と同じ比率に落ち着きました。

今回はオーブンで長時間焼く代わりに、チーズが焦げるまでの数分間、ブロイラーで焼きました。
日本では魚焼きグリルを使えばいいかもしれません。

前回に比べたら理想のグラタンにかなり近づきました。
しかしやはりベシャメルソースの比率を増やした方がいいようです。
普段パスタにからめる位のベシャメルソースを作ったのですが、
その1.5倍位作った方がいいかもしれません。

最近、レコードが再発行されたのもあり、ライドばかり聞いています。
根暗少年のダンスミュージックです。


[PR]
by surcredibility | 2013-02-05 01:48 | グルメ・クッキング

試験も終わり、成績をつけるのもどうにか終え、
教授とマンツーマンの食事を乗り越え、やっと夏休みとなりました。
まあ、夏休みといっても授業がないだけで研究はそのまま続くのですが。

しかし時間があるのは素晴らしい事で、
料理も夏休み前に比べてそれなりに凝ったものを作れています。
最近の流行はタマネギとローズマリーのコンフィチューラ。

このパンの間に挟まってるやつです:

d0188704_74465.jpg


タマネギを使ったジャムという感じのもんなのですが、
これが何にでも使えて非常に便利です。

勿論、シリアスイーツからの借り物レシピです。これ。

要は大量のタマネギを炒めて、大量のローズマリーを加えて、
バルサミコ酢をどばっと、砂糖を山盛り、そして弱火で水分があらかた飛ぶまで炒めて終わり。
お好みで月桂樹の葉やなんやら入れるのも可。

写真ではグリルドチーズに入れてます。
他にパスタに加えたり、サンドイッチに入れたり、
ポークソテーやチキンソテーにのせたりとまあ、色々と使用法があります。

グリルドチーズの作り方(以外と手間がかかります)に関してはまたそのうちに。

あと、諸事情でバンクーバーに一ヶ月半ほど滞在します。
というより既にいます。

寒い。雨が冷たい。


あと、チュー(Chew)ってアメコミにはまってます。

鶏食が法で禁じられている近未来のアメリカを背景に活躍する
アジア系食物版のサイコメトラー、という感じの食べ物好きにとってはツボにはまる
ストーリーな上、なかなか絵が可愛かったり、グロ要素が散りばめられていたり、
色々と楽しめます。

特に気に入っているのが超凶暴鶏のポヨ。

d0188704_7561120.jpg


かわいい。そして肝心な場面では

d0188704_7565489.jpg


かっこいい。
[PR]
by surcredibility | 2012-05-23 08:00 | グルメ・クッキング

ニョッキ

ニョッキを作りました。

d0188704_8104527.jpg


前回に比べ、形はわりかし悪くなかったのですが、
結局ソース(パセリのジェノベーゼ)と和える時点でぐしゃっとなってしまいました。
んー、やっぱり冷水でしめた方が良かったのでしょうか。

自分の不器用さが悲しいです。
あとバジルが高いからと頻繁に作っているパセリのジェノベーゼ。
松の実の代わりに胡桃を入れてちょっと味が良くなりましたが、
まだまだ何かが足りないような。サバーのレシピでアンチョビを入れるのが
あったのですが、それでコクを足すのも良さそうです。

それに比べて大分うまくいってるピザ作り。

d0188704_8163454.jpg


アメリカでいう「ギリシア風ピザ」です。日本での「ナポリタン」みたいなもんで、
国名は殆ど材料と関係ありません。ちょっとふわっとしたパンピザタイプで、
煮詰めたトマトソースと、白チェダーとモッツァレラを混ぜたチーズをのせます。
油をしいた鉄製フライパンで焼いたカリっとした生地がかりっとしてる。
うまい。かりっとしてて。
ピザ作りは結構固まってきた感じがします。

実は現在博士課程の試験の準備中なので、料理は片手間です。
教授の一人(とてつもなく可愛いヒッピー寄りなおばさん。理論大好き。
彼女の頭の良さ、計画性の無さと整理整頓の出来なさに「守ってあげたい!」
という気持ちと「理知的に罵られたい!」という気持ちが刺激されます)
にマルクス寄りの理論本を沢山持たされてヒーヒー言っています。
中身がすごい濃い。一度生クリーム200ミリとチョコ400グラムのガナッシュを
作った事があるのですが、それ並みに濃い。食べ進めるのが大変という感じです。

そんな訳で暇つぶしに精を出しています。
最近の流行、サイキックテレビ。前身はインダストリアルで有名な
スロッビング・グリッスルという変態バンドなのですが、こちらのバンドの
ファーストが聞きやすい、聞きやすい。すごくいい曲です。
ビーチボーイズに頭はたかれたような、そんな感じ。

あと、漫画の「日常」を読んでます。すごくつぼ。

d0188704_8311075.jpg


ほのぼの日常系かと思ったらすごい倒錯していた感じ。
この気持ち、高校生の頃深夜テレビをつけたらあずまんが大王が放送されていた
時の感覚を思い出します。あれはすごかった。
ここまでキャラ設定が欲望に忠実でいいのかと。
ふー。
[PR]
by surcredibility | 2011-09-02 08:37 | グルメ・クッキング

映画とペスト(ジェノベーゼソース)

博士課程のカリキュラムを一通り終え、博士論文執筆の前に
受ける試験の準備に励んでいます。
まあ、といってもひたすら本を読んでいるだけです。
起きて読んで食って読んで疲れたら本を放って寝る、という
生活をしています。
本を読む合間の休憩に友達に借りたカート・ヴォネガットなんかを読みます。
昔なんかエッセーか小説であった、タバコのテイスターの人が一日中仕事でタバコを
のみ、休憩時間になったらほっと一息ついて自分のタバコを抜き出すって話を思い出します。
本を読んで休憩に本を読み、
その合間にひたすら酒を飲んでます。

そういう訳で料理をするにもなかなか時間がないので、
一回作ったら使い回しが効くものが自然と多くなります。
今回はジェノベーゼソースの素を作ってそれをひたすら
使い回しました。
それもバジルは高いので、パセリで代用。
パセリを一束、オリーブオイルを大さじ6ぐらい(もっとかもしれないです)
にんにくを2片、松の実を大さじ1、パルメザンをえいやっと大さじ3ぐらい入れ、
バーミックスでがりがりしました。サバーのウェブサイトにパセリのペストのレシピが
あったのですが、そちらは変わり種でケーパーとアンチョビが入ってました。
味に深みを持たせる為にアンチョビを入れるのも悪くないかもしれません。
一巡目はミネストローネのトッピング。

d0188704_1263066.jpg


パセリ、にんにく、パルメザンがペストに入っているので、
ミネストローネは野菜を適当に放り込んで煮るだけで大丈夫です。
こういう食べ方だと気分で味を調節出来るので、なかなか具合がいいのです。
二巡目は魚介類のトッピング。

d0188704_1211811.jpg


スワイって魚をムニエルにしただけのものです。
小麦粉と塩胡椒をまぶしてバターで焼いて、
ペストをどかっと。淡白な味のものなら大体合います。鶏胸とか。
で残ったペストはジェノベーゼパスタに。

d0188704_12131744.jpg


パスタの茹で汁(塩多め)をおたま一杯フライパンに入れて、それでペストを溶いてから
ゆで上がったパスタと和えます。

これ以外にも使い方は山ほどあります。
フランスパンに鶏と一緒に挟んだりとか、まあいろいろ。

そういや久しぶりに映画学科の学生らしいはなしをしますが、
周りのプレッシャーに負けツリーオブライフを見ました。
まあ、テレンスマリックの映画はきれいだし見ておこうか、位の
軽い気持ちで映画館に出向き、まあ、きれいな映画だったなと
これまた軽い感想を持って家に帰りました。

どうだった?と聞くルームメートに「あ、まあ、きれいで色が沢山あって
なんかそれが動いてたりして、見てて楽しかった」と適当に言った時の
彼の残念そうな表情がたまりませんでした。

周りの映画好き映像作家映画学専攻の人達があの映画をすごい勢いで持ち上げていたのに
ちょっと食傷気味だったので、まあ、なんというか、ざまあみろって感じのいい心地でした。
その後ちょっと申し訳ない気持ちになりました。
でも「これ作ってる時のマリックってしたり顔なんだろうな」
と思い機会あらばマリックの睾丸を蹴り上げてみたい、と思いました。

これは某ウェブサイトの広告に混じっていた写真なのですが、
こういうちょっと腹立つ顔しながら監督していたんだろうと思います:

d0188704_12321054.jpg

[PR]
by surcredibility | 2011-08-16 12:33 | グルメ・クッキング

飯 33 ピザ

アメリカの一大イベント、サンクスギビングが
終わりました。今年は友達の家で昼間から夜まで
継続的に酔っぱらい、食べていました。
そのせいか翌日は何もやる気がなく、
あまり重くないものが食べたかったので
鍋一杯に豚汁を作り、現在に至ります。
残り物をタッパ一杯に詰めてもらったのですが、
それに取りかかるのは大分後になりそうです。
て事で今日はリハビリ代わりにピザの話。
最近は寝かせるだけの捏ねないピザ生地レシピを
見つけたので、結構頻繁に作っています。

d0188704_8315668.jpg


中力粉約一リットル、
オリーブ油 大さじ2
イースト 小さじ1/4
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1位
を混ぜ合わせ、
ぬるめのお湯を約400ccを投入し、
まとまるまで適当に混ぜ、ラップをし、
18時間寝かせます。その後は四つに分けて
適当に形を整えて平ったくすればいいだけ。
簡単です。時間はかかるけど。

ちなみにピザのこつはソース、チーズ、具材を
最低限にしておく事。
上の写真は悪い例です。これをやった友達を恨みます。
そして後は出来るだけ高温で焼く事。
そうしないとぱりっと仕上がりません。
その為にも具を少なめに、そして260度以上で焼く事。

上のピザ、本当に残念でした。
[PR]
by surcredibility | 2010-11-28 08:38 | グルメ・クッキング

飯 27 リゾット

現在中間報告プレゼン用のペーパーを仕上げ中。
面倒です。
ひたすら90年代のイマーゴとユリーカと
格闘しています。
でそんなダウナーな気分を加速させる
失敗飯。
自作ニョッキ。

d0188704_1655890.jpg


生地をちょっとゆるめにしてしまったようで、
形がめちゃめちゃです。
そのせいか、食感はふわっとしていて、
かなりうまかったです。
しかしこの得体のしれない形は許せません。
ベシャメルソース+チーズの
ソースにからめて、バジルを振りかけてみました。
もう最近バジルが青のり感覚です。
[PR]
by surcredibility | 2010-11-08 16:08 | グルメ・クッキング

飯 26 リゾット

で、この間作った簡単鶏スープなのですが、
フォー以外に面白い使い道が思いつかず、
焦っていた所、ふと思い立ちました。
リゾットにしようと。
しかしリゾットらしい素材があまりなかったので、
適当に賞味期限が切れそうなものを放り込みました。
米を炒めて、大量の古いマッシュルームを入れて、
ゆっくりかき混ぜながら鶏スープを吸わせます。
そして芯が少しだけ残ったよい固さになった所に
オイルサーディンを放り込み、混ぜて混ぜて
塩、胡椒、そして乾燥バジルを一振り。

d0188704_13355051.jpg


食ってみたら不思議な事に、
イカスミっぽい味がしました。
おそらくオイルサーディンとマッシュルームの
コンビネーションだと思います。
イカスミ大好きなので全然問題ありません。
パルメザンチーズをおろして食べると
とつてもなくおいしかったです。

しかし相変わらずのへたくそな盛りつけです。
これだけ茶色のバリエーションが揃った食事、
なかなかありません。
リゾットにそえてあるのはキャベツの千切りに
ポテトサラダをのせて、芝麻醤ベースの
ゴマドレッシングをかけた簡単サラダ。
うまいです。かなりうまいのですが、
貧しさを感じさせる見栄えです。
このセンスをどうにか出来ないものか。
[PR]
by surcredibility | 2010-11-01 13:39 | グルメ・クッキング


アメリカ、貧乏、料理


by surcredibility

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ・クッキング
外食


ビール作り
未分類

以前の記事

2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

フォロー中のブログ

まいにち酒飲み

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

パタースビア
at 2015-04-19 07:51
スタウト作ってます
at 2014-11-01 03:21
家でビールを作る手順
at 2014-10-10 01:37
ビール作り
at 2014-10-08 07:11
アメリカ式ミートボールの作り方
at 2013-06-27 06:26

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お酒・お茶

画像一覧