タグ:アメリカ料理 ( 34 ) タグの人気記事

アメリカ式ミートボールの作り方

ども。

最近児ポ法が話題になっているようですが、なかなか面白いですね。今ちょうどおたく文化のセクシュアリティを研究のような、趣味で調べてるような、そんな感じの事をしているのでかなりタイムリーです。
特に面白いのが法の側では、どうも漫画、アニメの未成年に向けられた欲望と現実の未成年への性的欲望の区別が全くされていないところ。漫画、アニメの擁護側ではこの二つの欲望の区別があまりにも過ぎて全く別の物のように扱われている印象を受けます。80年代のロリコンブームに関して永山薫が書いていますが、幼女が祭り上げられたのは「かわいい」という属性に対するフェティシズムの対象として適していたからであり、ロリコンブームの消費者に本物の幼女性愛者はあまりいなかったらしいです。しかしこのロリコンブームの「かわいい」のフェティシズムは同時期の少女文化に対するフェティシズム(制服カタログなどの人気を考えるとこれは確実に現実の少女達に向けられた欲望ととらえても間違いはないと思います)に密接に結びついている為、ロリコンブームのイラスト上の少女と「現実」の少女は完全に同質でも異質でもなく、非常にアンビバレントな関係を保っていると私は思います。

あとこれは2010年の青少年条例でも同じでしたが、アニメ、漫画の表現の規制に対して、表現の自由や文化の保護を唱えるの若干ずれている気がします。何しろ規制の可能性が出てくるのは漫画、アニメが文化的な価値に乏しいという大前提に基づいているのですから。あと文化的な価値を訴えるというのは、法に反する性行為の表現にも関わらず作品に価値があるという主張であるため、性行為の表現の規制自体を問題視する事にはなりません。愛のコリーダ裁判で、大島渚は自分の作品の文化的価値を主張するよりも、「わいせつ」が規制される理由を問い続けたといいますが、アニメ、漫画の規制に対しても文化的価値を推すより、規制の意義を問う方が面白い議論を生む事になると思います。


で、欧米料理の睾丸とも言われるミートボールですが。

d0188704_614358.jpg



最近子牛のひき肉が手に入ったので作ってみたのですが、レシピを色々見ているうちに
アメリカ式ミートボールの中身は日本風のそれとはかなり異なる事が分かりました。

日本風と共通する部分は、
パン粉
卵、
塩こしょう

位です。日本風では必ず入っているタマネギは入りません。あと牛乳も結構レアです。

かわりに、
数種のひき肉(豚、子牛に人によっては鶏レバーが入ります。とりあえず色々入れたらうまいようです。)
イタリアっぽいハーブ(パセリ、バジル、オレガノなど。フェンネルシードなんかも)
チーズ数種:
パルメザン系ハードチーズ。大量に入ります。
他チーズ。プロボローヌなんか。リコッタが手軽です。自家製パニールと同じ作り方
(水抜きは軽めに)で大丈夫なので、結構安上がりです。
これに人によっては塩漬け肉、薫製肉を入れたりします。

日本風に比べボリュームがありながらも、口当たりは軽めのミートボールが出来ます。
これを安いフランスパンにこれでもかと詰め込むと(ペッパーの酢漬けなどを入れるとちょっとしたアクセントになります)
うまいヒーローサンドが出来ます。


最近、カニエウェストの新しいアルバムを聞いて驚愕しました。
もっと聞きやすい系ヒップホップを作る人だと思っていたのですが、
トラックがスロッビンググリッスルなどの初期インダストリアル音楽を思わせます。

こんなん

パーティーチューンとかとは無縁の生活をしているので、ミートボールサンドをトマトソースだらけのシャツで食べ、
酩酊しながらくらい部屋で聞いています。

うぇーい。
[PR]
by surcredibility | 2013-06-27 06:26 | グルメ・クッキング

アメリカ人とご飯を食べる(もしくはアメリカ人にご飯を振る舞う)のが面倒な理由

その理由にしても大分個人差、あと出身地、社会階層、人種、文化などで
かなり変わってくると思うのですが、とりあえずここ数年かなり鬱憤が溜まってきているので
ここで吐き出します。

ちなみに私の周りは中西部、中流階級の白人がほとんどです。参考に。
あとこういう些細な事で苛立つのは、私がご飯に関してはかなり心が狭いからだと思われます。

1:偏食が多い。

「おれはなんでも食べる」という友達がいたのですが、何度か食事を一緒にしている内に、「きのこだけは駄目」「卵の黄身は気持ち悪い」「海産物は食べれない」ってどんどん食えない物が出てきて、どんだけ嫌いな物が多いんだよ!と憤りました。決定打は「ハンバーガーにはこだわりがある」と言っていながら「中まで完全に火が通ってないと食えない」って。他にもチーズが無理、小麦粉が無理(拒否反応が出たとかではなく)、鶏の皮が無理、
と人を集めて飯を食う時は何を食べるか決めるのに骨が折れます。

2:食わず嫌いが多い。

食べた事がない肉の部位、あまり知らない国の料理、香りが強めの調味料、珍しいハーブ等は
ことごとく拒否されたりします。まあ、これも人によりますが。
こういうものは「気持ち悪い」と一蹴される事も。
「ナンプラーが気持ち悪い」って奴に
「このまえ食べてた私のベトナムカレーってナンプラーがめっちゃ入ってるよ」と言ったら、
「分かってたけど何も言わなかった」っていやいや嘘だろ。文句言わず食いまくってたし。
いやいや何故そこで見栄張る。

3:ベジタリアンが多い。

モラルの関係、健康に問題があるためにベジタリアンな人には該当しません。
こっちではなんとなく健康にいいのかな、あとおしゃれ気分を味わいたいみたいな
曖昧な理由でベジタリアンをしている人が結構います。

正直、それなら肉を食う量を減らせよ。と思います。
あとそれなら少量の肉を食っても問題ないだあろ、とも。
しかしこういう人は「肉を食べると消化器に負担がかかる」と
大量のポテトフライと添加物一杯の偽バーガーを食いながらほざきます。

グループで「うまいとこで飯を食おう」ってなっても、おしゃれベジタリアンがそこに入る事で
飯を食える所が限られてしまい、結局ファミレス的なとこで飯を食うってな事が多々有ります。
一度、おしゃベジの人と本格的な中華料理を食いに行ったのですが、その人が食える物がなく、
結局二人で野菜抜きの悲しい焼きそばを食べました。
ちなみに大根餅も頼んだのですが(その店の人はベジタリアンだと言っていましたが)
その人はチャーシューの粒が少量入っているため、食べるのを拒否していました。

もちろん中には気を使って、
「おれがベジタリアンなの気にせんでおいしいとこ行ってなんでもうまい飯頼もう、
今日はおれは肉食だ」って言ってくれる人もいます。

そういう人とは今でもいい飯仲間です。そういう人と飯を食う時はお礼に、
ベジタリアンの飯がうまい所を頑張って探すか、肉を食っても後悔出来ない、目一杯
飯がうまい所を探します。

4:飯を残す奴が多い

普通のレストランでは残った飯を持って帰る事が出来るのでいいのですが、こういう人が
食い放題に行くと、山のように食べ物を盛って、山のように残します。苛立ちます。
あとそういった人がうちで飯を食ったとき、自分の皿に茄子の味噌炒めをごそっと
盛っておきながら、タマネギとピーマンだけを残しました。子供かよ。

5:大したこだわりがないのに、見栄を張る

前述のハンバーガーの奴もこのうちの一人です。
レストランの評価に関しては、あまり「保留」って考えがありません。
とりあえずひたすら持ち上げるか、思いっきりけなすかのどっちかです。

一度、中西部生まれ中西部育ちの人が、インドの両親に育てられた人の
「あそこのカレーそこそこうまいよね」に対して「いやまずいよ」って
言い返していたのを見て、悲しくなりました。

こういう人が、コーラ・ペプシ論争について一家言持ってたりします。

6:大したこだわりがあり、それがうざい。

ファストフードは糞、チェーン店は糞、有機栽培でないのは糞、大型スーパーは糞、
といった意見を持っている人達が結構います。

こういう人と飯を食ったりすると、うんちくが長く、
飲んでる時に簡単に飯を済ませるのも難しく、
そして食わず嫌いを自己正当化する事が多いとかなり面倒です。

一度、「おれは普通のスーパーの普通の卵を使っているよ」と言ったら、
「あなたの作った卵の入った料理はこれから食べない」と言われました。
いや、食ってくれって頼んだ覚えはない、と思いました。




まあ、こんなとこです。

私が一緒にご飯を食べる人に関して注文が多すぎるのかもしれません。

ではどんな人が理想的か、というと、
こだわりがあってもなくても、色々なものをおいしく食べてくれる人なら結構だれでもいいです。
その点、この間泊まっていった大学生達は最高でした。

「パクチー食べれる?」         「なんでも食べれます」
「珍しいね、パクチー嫌いな人多いのに」 「パクチーってなんですか?」
「今食ってるそれがパクチーだよ」    「あ、これですか。うまいです。」

てな感じで楽だわうまそうに食うわと、うれしかったです。


あ、それと、「おいしい」って(外食、家食に関わらず)言う人は素敵です。

結構言わない人がいるんですよね。女性より男性、
自炊するひとよりしない人に多い傾向のように感じます。

この記事を読み返したら自分の心の醜さが出まくってて、恥ずかしいです。
[PR]
by surcredibility | 2013-04-10 02:53 |

大学生二人分+一人の食事

色々と詰まりに詰まった数週間でした。
シカゴに学会→甥っ子+友達をうちにシカゴから連れ帰る→春休み
といった感じの数週間で、休まる暇がなくて。

特に大学生二人を飼っている間は酒の買い出しと食事の準備で一日をつぶしていました。
若い体育会系二人に飯を作るとなると、とてつもなく時間がかかるんですね。
高校生を養っている人達の凄さを実感しました。
普段適当に作るスピードメニューも一時間ほどかかったりして、ぐったりしていました。

まあ、実は休まる暇がないってのはその時期位だったんですけどね。
春休みは博論を書きながら、甥っ子達と楽しんだプレステ2のスノーボードゲームを
今度は独りでやってました。

甥っ子達とプレイしている間は、「すげえどうやったんだ」「うわだせえ」なんて
学生気分に戻って騒いでいたので楽しかったのですが。

洋ゲーで、さらにアウトドアな競技なためテンションがやたら高く、そのせいもあって
一人でプレイをすると孤独感がすごいんです。
操作している日本人キャラがエアーを決めて「すっごい気持ちいい!」とか叫んだ後、
地面に着くまでのちょっと暇な時間、雪の日にくらい部屋で電気をつけず、
下着姿の自分を意識してしまったりするのです。

すっごい気持ちいい。

未だに記録更新を黙々と行っています。

甥が来たときの食事三種:

麻婆なす丼

d0188704_3193230.jpg


鍋一杯に作りました。しかし慣れない分量の為、花椒が弱い仕上がりに。

バンミー

d0188704_3275426.jpg


具は鶏腿を乾燥レモングラス、ナンプラー、砂糖のマリネードに漬けた後オーブンで焼いたもの。
結構簡単に作れるかと思ったのですが、
マヨネーズ、紅白なます、パクチー、鶏肉、青唐辛子の薄切りと具を結構何段階かに分けて
入れなければならないので予想以上に時間がかかりました。
作成後は首が痛んだ。

そしてもう一つ、シリアスイーツのカルニタス

d0188704_3192515.jpg


d0188704_335493.jpg



分量通りに作ってみたら今まで以上にうまいのが出来ました。
ただし豚肉が1.5キロ程必要なので、作る機会はもう二度とないかと。

足りないのではないか、大学生達は空腹なのではないかという強迫観念にとらわれ、
ついでにグアカモレとチップスを出しました。

d0188704_3191692.jpg


いやあ、アルトロペズケンジさんのレシピは今のところ外れなしです。
今年にはレシピ本を出すらしいので、楽しみです。

音楽ですが、最近は意外とリラックス出来るストーナーメタルとバーズを交互に聞いています。



スリープ。他の作業に打ち込むのに最適。



あとトゥーンヤーズのギャングスタ。これは普通に素敵。


[PR]
by surcredibility | 2013-03-26 03:43 | グルメ・クッキング

グラタン

冷凍食品にノスタルジアを感じる所に自分の現代っ子ぶりを感じます。
急に冷え込んできたせいか、冷凍マカロニグラタンが無性に食べたくなったのですが、
もちろんこの地方にそんなファンシーなものを売っている訳がないので、自分で作りました。
結果は、微妙です。

冷凍グラタン特有の、ソースとマカロニが一体化していない、
チーズの層を破るととろっとしたパスタとソースがもろっと出てくる感じを目標としました。

試作品一号:
d0188704_1345569.jpg


みんなのきょうの料理にあるマカロニグラタンレシピを参考に作りました。
具はブロッコリと鶏肉。ソースは普通のベシャメル。

オーブンでしばらく焼くせいか、ホワイトソースがマカロニに吸い込まれ、
小麦粉とミルクの固まりみたいになりました。
ぐちゃぐちゃにしてトマトソースをかけると結構食えます。

オーブンで20分程焼く標準的なレシピです。
それにしても、こういった一体化グラタンって需要があるのでしょうか。

試作品二号:
d0188704_135221.jpg


アメリカのマカロニが矢鱈と小さいため、ペンネを使いました。
具はタマネギとひょうたんかぼちゃの賽の目に切ったもの。
ベシャメルの量を増やそうと思ったのですが、牛乳が残り少なかったため、
前回と同じ比率に落ち着きました。

今回はオーブンで長時間焼く代わりに、チーズが焦げるまでの数分間、ブロイラーで焼きました。
日本では魚焼きグリルを使えばいいかもしれません。

前回に比べたら理想のグラタンにかなり近づきました。
しかしやはりベシャメルソースの比率を増やした方がいいようです。
普段パスタにからめる位のベシャメルソースを作ったのですが、
その1.5倍位作った方がいいかもしれません。

最近、レコードが再発行されたのもあり、ライドばかり聞いています。
根暗少年のダンスミュージックです。


[PR]
by surcredibility | 2013-02-05 01:48 | グルメ・クッキング

カンザスバーベキュー事情

独り暮らしの寂しさというのは、ボディーソープがきれた後シャンプーで体を洗う時に感じます。
誰にも咎められないため、数ヶ月間シャンプーで体を洗い続けました。
「体で匂いのきつい部位(陰部、脇)は毛が生えてるから合理的なのだ」と自分に言い聞かせながら。
知っていますか、シャンプーで洗った脇は、アグレッシブにいい香りを放つ事を。

まあ、それはいいとして、バーベキューの話です。

アメリカで言うバーベキューとは日本の「河原でバーベキュー」みたいなただ単に火で
グリルの上の具材を炙った料理ではありません。アメリカでグリル料理をバーベキューと呼んだら
怒られるか飽きられるかのどっちかです。

ではバーベキューとは何かというと、低温の長時間薫製で肉を調理する事です。
そのため家庭では結構難しいとされ、バーベキューはもっぱら外で食べるものとされています。
まあ、日本のラーメンなんかと同じで家庭でバーベキューを極めようとする人たちも結構いますが。

バーベキューはメンフィス、テキサス、カロライナのそれが有名ですが、
やはり一番知名度が高いのがカンザスです。

豚中心のカロライナやメンフィスと違い、カンザスは牛、豚、鶏、と結構節操がない事と、
甘くドロっとしたソースで知られています。

あとカンザスでもう一つ有名なのが肉の端っこを集めたバーントエンズです。
これはチャーシューやカステラの端っこと同じで、真っ黒に焼かれジューシーさは
あまりないものの、薫製肉独特の風味を最も強く味わえます。

ジャックスタックなどの例外を除いて、大抵のバーベキュー屋はカウンターで注文して
適当に椅子を探して食べるセルフサービス方式をとっています。

そして注文を受ける店員さんがかなり怖いです。
活気あふれる店内のため、注文の聞き方が問い、というよりは叫びです。
そのため、注文するまでにメニューをしっかり予習する事が必須です。
基本的な流れは、

↓注文は?
肉の種類を叫ぶ
↓他になにか頼む?
サイドの種類を叫ぶ
↓ブレッド・オア・バンズ?
欲しいパンの種類を叫ぶ
↓ドリンク?
飲み物を頼む

会計

というような感じです。食パンかバンズか、というのはサンドイッチを頼むと
聞かれる事が有ります。食パンを頼むのが王道、バンズは邪道とされています。
なので、できれば食パン(ブレッド)を頼みましょう。

ここ数年、カンザスシティに行く度に有名店を訪れバーベキューを食べてみました。
最近になってやっとどうにか「いい」「悪い」の基準が分かってきた気がします。

まずは最も知名度が高く、かつ店員さんも怖い Arthur Bryant's。

d0188704_904546.jpg


バーントエンズです。ここのはかなり強くスモークされているので、
肉は固めで薫製の香りがかなり強いです。あらかじめソースがかけてあります。

d0188704_922771.jpg


ここのもう一つの目玉メニュー、ビーフサンドです。ビーフの量が半端ないです。
持ち上げて食べるのは諦めて、解体してソースをかけながら食べたら結構うまくいきました。
脂が多めの肉がしっかりスモークの香りを吸収しています。
食べている最中はあまり強い印象を受けなかったのですが、後で思い出す度に好感度が何故か
上がっていきました。カンザスバーベキューの王道、という感じです。
脂っぽく肉っぽく野卑ととれるほどストレートにうまいです。丁寧さとかは、皆無。

で次は1995年とわりかし最近できた Oklahoma Joe's。
ここはアメリカの有名シェフ兼テレビタレント、アンソニー・ボーデインが作った
「死ぬまでに食べるべき料理トップ13」に入れられて一躍有名に。
最近出来たバーベキュー屋によくある傾向だと思うのですが、
古株の店に比べ、丁寧な感じがします。

まずはビーフブリスケットサンド:

d0188704_9141282.jpg


ぼーっとしていた時に「バンズオアブレッド!」と叫ばれたので、焦った末「バンズ!」
と返してしまいました。アーサーに比べ、脂少なめの肉ですが、薫製機の温度管理が
丁寧なのか肉はかなりしっとりしていながらスモークの香りもしっかりついています。
個人的にはアーサーの荒っぽさが好きですが、ジョーズのビーフの方が料理としての
完成度が高いように思います。

そしてこれがホグヘブンと呼ばれる豚スライスとソーセージのサンド:

d0188704_9182034.jpg


バーベキュー屋には必ずといっていいほどソーセージがあるのですが、際立ってうまいソーセージ
に会った事がありません。このサンドイッチも例外ではなかったのですが、
スモーキーな豚のアクセントになってかなりうまかったです。

でこれが豚、牛混合のスモーキンジョー

d0188704_9225447.jpg


甘じょっぱいソースをまとって出てきます。すてき。

あとジョーズはフライがめちゃめちゃうまいです。

後王道的バーベキューで有名な店でゲイツという店があるのですが、
味が結構微妙で失望したので、写真を撮っていません。
しかしここのソースはクミンの香りが強く結構癖があるので、
そのために根強いファンがいるようです。

てな訳でこれが王道的バーベキューの第一部。
毛色が少し違う店、知名度がさほどない店はまた今度紹介します。

てか慣れない事をして疲れたというのが本心です。
[PR]
by surcredibility | 2013-01-13 09:27 | 外食

スライダーは球種でもなく、ハンバーガーでもない。

d0188704_1002826.jpg


アメリカに来てから愚痴や相談に付き合わされる回数が増えました。
日本では深刻な話題はなるべく避け、ふわっと軽いノリと妄想を多く含んだ下ねた中心の生活を
送っていたため、相談をするのに適した相手と認識される事が殆どありませんでした。
そういった状況が心地良かったのですが、たまには相談されてみたい、
「恋バナ」ってものを後輩から聞き出したいと思う事もたまに。

しかしアメリカに来てからは特に勉学関係でよく相談を受けます。
オフィスメイトに泣かれる事もしばしば。
どうも理由も根拠もなくなんとなしにポジティブな慰めが受けるようです。

しかしこの役割にまわってから気付いたのは、

面倒くさい。慰め役って最初は面白いし、やりがいがあるけど、
相手の落胆している理由の見当がついてからがかなり面倒。

昔は養老乃瀧なんかの隣の席で、「いのっちは絶対いい人に会えるよ!」
とかいう二人組の慰め役を、「この人ノリノリだな」と思いながら見ていたのですが、
あれはエスカレーターの右側に並ぶのと同じで、
状況に応じて必要な行動を取っているだけと分かりました。

まあ、スライダーの話をします。

スライダーっていうのはアメリカのホワイトキャッスルなどに代表される、ハンバーガー的な食べ物の事です。
しかしハンバーガーとは異なる点が二つあります。

一つはそのサイズ。ハンバーガーよりも若干小さいのです。
スライダー二つでハンバーガー一個半分というところでしょうか。

二つ目は、タマネギの存在。ひき肉を直接焼くというより、
フライパンの上に乗ったタマネギに乗せ、蒸して火を通す感じです。

細かい作り方はシリアス・イーツに。
ロペズさんが相変わらずの理論的、科学的手法でスライダー作りを分析します。
まあ、アメリカ版「ためしてガッテン」のようなものです。

一応日本語で概要を書いてみると:

スライダー一つに牛肉50g位。丸い玉にゆるーく成形する。

タマネギ半量をフライパンで若干茶色くなるまで炒め、生タマネギと混ぜる。
牛肉を中火のフライパンに乗せ、すぐにスパチュラでつぶす。塩胡椒。
タマネギを乗せ、一分ほど焼く。

タマネギごとひっくり返す。タマネギの上に牛肉が乗ってる状態に。塩胡椒。
上下バンズを肉の上に置き、タオルをフライパン全体にかけ、蒸します。このまま二分。
こうするとタマネギの香りがバンズに染み、蒸気でバンズがふわふわに。
深めのフライパンと蓋があれば、それでも大丈夫。

バンズを取り、チーズを肉に乗せ、上バンをその上に乗せます。
チーズが溶けるまでしばし休憩。

という訳にもいかず、下バンにピクルスとケチャップやらをお好みで。
私は入れません。

タマネギごとスパチュラで持ち上げ、下バンに乗せます。
で、出来上がり。

まあ、ハンバーガーのタマネギ足しを予想して食べたのですが。

これが本当にうまい。いや、本当にうまいのです。
ハンバーガー的なのに、オニオンスープみたいな甘みと旨味。

高校生の頃、夕焼けのテニスコートで女子テニス部を見ていたら、
心がきゅんとする感じで睾丸が痛んだのですが、
そんな感じで舌がきゅんとしました。
[PR]
by surcredibility | 2012-11-14 15:24

アメリカ、チーズバーガー

9/18日はチーズバーガーの日(誰が定めたのかは分かりませんが、とりあえず
そういう事になっているようです)だったので、まあ、とりあえずチーズバーガーを食いました。

d0188704_4343821.jpg


モス、フレッシュネスなどの日本のハンバーガーはアメリカのサイトではよく酷評されています。
最初は私もモスバーガーの不思議なうまさとか、具がはみ出具合の剛胆さを想って
悔しい思いをしていた。
しかし、しばらくして分かったのが、アメリカ人の考えるハンバーガーは
日本人のそれに比べかなり狭義であるという事でした。

日本では、まあ、とりあえずひき肉っぽいのがパンの間に挟まっているもで、うまけりゃいい、
という考えが主流だと想いますが、混ぜ物入りのハンバーガーはアメリカ人曰く、
「ミートローフサンドだ」という事らしいです。

私としては、まあミートローフでもミーロトーフでも何でもうまけりゃいい、と思うのですが、
アメリカ人、こういったカテゴリーの振り分けには結構厳しいのです。

で、アメリカ人の言うハンバーガーを食っている内に気付いた事二つ:
確かに混ぜ物なしのひき肉はうまい、そして調理法によって質が相当左右される。

てな訳で、ここにうまいハンバーガーを作るコツを何個か。

1:バンズはポテトバンズが最高。なくてもまあ、大丈夫ですが、とりあえず肉を焼く前にバターを塗って、フライパンで中身をトーストするのは必須。

2:肉は勿論牛100、で脂身は75%あたりが一番うまみがある。自分で挽ける設備があれば、
そうするのが一番。一人分100グラムちょい(1/4ポンド)がちょうどいい位。

3:成形するときは、こねくりまわすのを避け、ゴルフボール大の大きさに丸める。
塩、胡椒は肉から水分を浸透圧で出してしまう為、焼いてる時にかける事。

4:焼くのは熱々の鋳鉄もしくは鉄のフライパン。テフロン加工のものは、
熱すぎるとテフロンが溶けてしまうのでちょっと危険です。

5:油から煙が立ち始めたら、肉をフライパンの上に置いて(一度に二つ位が限度)
一気にフライ返しなどでつぶします。30秒以上たつと、肉汁がこぼれてしまうので、
この行程はなるべく素早く。

6:いい焼き色がついた感じの匂いがし始めたら、塩、胡椒をして裏返します。

7:そこですかさずチーズを乗せる。プロセスチーズでないと、うまく溶けません。
いいチーズはハンバーガー向きではないのです。残念ながら。
この行程でパンの一部を肉の上に乗せる、というのも可です。

8:でチーズが溶けたら、出来上がり。

とりあえず一番大事なのは、まず肉をこねないこと、成形も形をぎりぎり保てる程度に丸める事、
フライパンの温度を出来るだけ高く、そしてつぶすのは30秒以内。

こうすれば、シェイクシャック、スマッシュバーガー (shake shack, smashburger) 風の
潰しバーガーが出来ます。

もっと詳しい事を知りたい人は、シリアスイーツのバーガーラボの記事を読んでみて下さい。

ここのケンジロペズさんは、ピザ、バーガーに関してはかなりの権威です。


これに沿って作った自分のバーガーはかなりうまかったです。
アメリカンな体験、アメリカンな体験、と自分に言い聞かせ、
マディーウォータズの便秘声を聞き、メキシココーラを飲みながら楽しみました。

数年後の健康状態が怖いです。糖尿病予備軍。

ちなみに、「尿」を中国語読みすると「にゃう」らしいです。

かわいい。

とうにゃう。
[PR]
by surcredibility | 2012-09-22 05:02 | グルメ・クッキング

ケールとタマネギのパイ

この間書いたスーサイドのLPを買おうと思ってレコード屋に行ったら、
マディーウォーターズのエレクトリック・マッドのユーズドがあったので買ってしまいました。
こんなん:



しかし調べてみたら2010年に再版されていました。。。
まあ、どっちにしたって好きなもんは好きだし、いいんですが。
ちょっと悔しい。

鋳鉄のフライパンを活用したくて、マークビットマン考案のパイを作ってみました。

d0188704_848444.jpg


まあ、ケールとタマネギを炒めたのんに刻んだゆで卵を加えて、
生地+ケール+生地と重ねて焼くだけです。
パイといったら面倒なイメージがありますが、結構簡単でした。

d0188704_8482287.jpg


味はかなり素朴。この時期に作ったベジタリアンチリと一緒に食べました。
普通のパイ生地に比べ油分が若干少なめなので、結構主食感覚で食えます。
ただ一人暮らしには27cmのフライパン一杯のパイは結構きつかったです。

最近思う事:

1:音響デザインのTAをしているので、フィールド用のマイクに触れる機会が結構あります。
あのマイクの防風用モフモフ、気持ち良さそうと思う人がいるかもしれません。
まあ、その通りで、見たまんまの感触です。
四六時中撫でています。

2:廻るピングドラムが面白い。20話あたりのエンディングがARBの「魂こがして」の
カバーだったのに気付いた時、かなりやられました。

3:センズリが面白い。こないだ学科内のプレゼンをした時に時間が足りなかった為、
結局この事について言及しなかったのですが、センズリってヘテロな行為に収まりきらない
部分があって、クィアって訳ではないのですが、結構グレーゾーンなのです。

センズリ、熱いです。

d0188704_8375338.jpg


4:山田太郎物語、今更感あるけどなかなか素敵だった。

料理の写真がでかすぎる。けど直すの面倒。
[PR]
by surcredibility | 2012-02-12 08:40 | グルメ・クッキング

お好み焼き

自分用ノート:
アメリカ分量一人分お好み焼き:
小麦粉1/3カップ
水分 60cc
ジャガイモ 5センチ角 すりおろし
塩、だしの素
ベーキングパウダー小さじ一杯ほど。

そこそこうまい。ホワッとはしていない。
ジャガイモの量、水分を増やすとか?

何度か分量をはからずに適当に作ってみたら大変な事に
なったので一応、記録しておく事にしました。

はー。

試験に向けての勉強で疲れ気味。
マルクス系と精神分析系に埋もれています。
一応料理は毎日していますが。

こんなんとか:

d0188704_11472547.jpg


鶏と南瓜のキャセロールです。このレシピに南瓜を角切りにしたものを加えただけです。
でもうまい。

でまあ、これは全く関係ないのですが、
この映画が好きすぎて大変な事になっていた時期があったのを思い出したので:



家で一人の時にこのポーズで「うーわふぅー!」とか言ってました。
[PR]
by surcredibility | 2011-11-16 11:52 | グルメ・クッキング

カブとディル。あと他。

先日作ったオイルサーディンのポテトサラダの為にディルを買ったのですが、
あれの処理はかなり困ります。サーモンとかと合わせるのが定番なのでしょうが、
サーモンを軽い気持ちで買える程の金がありません。
ディルを買った後は常に使い道を模索しながら生活しています。
頭ん中までディルで一杯になります。

でまあ、そんな時には大体適当に合わせて失敗レシピが出来るのですが、
今回は結構うまくいきました。SAVEURのサイトにあったレシピを
原型を止めぬまでアレンジしたので、まあ成功するのも当然というかなんというか。
て訳でカブとディルのソテーです。

d0188704_28640.jpg


カブ二つ、
ディル2−3枝、
バター大さじ1−2
塩 適宜という感じで。

カブをさいの目に切って、茹でるか電子レンジかで柔らかくなるまで火を通します。
バターをフライパンで中火で暖め、ちりちりっとなり始めたらディルを放り込んで
しゃしゃっと混ぜ合わせます。
そこにカブを放り込み、適当に塩をかけ、全体を混ぜ合わします。
で終わりです。
肉や魚のサイドとして最適ですね。
私はチリ・ベルデ(トマティロのスープで煮込んだ豚肉のシチュー的なもの)
があったのでそれと食べました。
個別にはおいしいのですが、完全に味を殺し合ってましたね。

最近、学術誌でポルノ研究の記事を読んでいた時に、懐かしい
ビデオに関して言及していたのでネットで探してみました。
(リンク先は18禁です。というか、相当グロテスクです。)
3−4年前に一世を風靡した、「二人の女性と一つのコップ」
(2 Girls 1 Cup) というスカトロビデオです。
この時期にパーティーに行けば必ず誰かが見始める、
というとてつもない流行具合でした。

このビデオの流行を追って、ビデオを見た人達の反応を
記録したビデオが流行るというメタ的な事が起こりました。
その中でも秀逸なのがセサミストリートの代表的キャラである
カエルのカーミットが友達にビデオを見せるという作品

ラブリーでキュートでたまんないです。
「二人の女性」を見た不快感が消されます。

あと最近はまっているもの二つ。

一つ目は友達に教えてもらった Map of Metal
最近ちょっとメタルに興味が出て来たので何かいいリソースがないか
友達に聞いてみたら、このリンクが送られてきました。
サブジャンルを結構細かく網羅している上にセレクションがいいとの事です。
かなり時間を潰せます。ドゥームメタルとか環境音楽/ノイズっぽいとこを
よく聞いています。意外と聞きやすい。

もう一つのマイブームは、素人系アダルトサイトにあるレビュー。
匿名性をいい事に、ビデオに対して好き放題言いすぎです。
で、その中でたまに見る洞察力と自己分析に富んだレビュー。
こういうのに行き当たったとき、「友達になりたい!」と思います。

にしても言い訳臭いですね、これ。
「素人系が好きな訳じゃないんだ!レビューを読むのが好きなんだよ!」
と言いたい訳でなく、まあ、私も、通常の人が見るのと同じ目的で
見ててその副産物としてレビュー好きってのがあるもので。。。



なんかよく分からなくなってきたので詳細や具体的な例はまた今度に。
[PR]
by surcredibility | 2011-09-20 02:35 | グルメ・クッキング


アメリカ、貧乏、料理


by surcredibility

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ・クッキング
外食


ビール作り
未分類

以前の記事

2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

フォロー中のブログ

まいにち酒飲み

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

パタースビア
at 2015-04-19 07:51
スタウト作ってます
at 2014-11-01 03:21
家でビールを作る手順
at 2014-10-10 01:37
ビール作り
at 2014-10-08 07:11
アメリカ式ミートボールの作り方
at 2013-06-27 06:26

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お酒・お茶

画像一覧