アメリカ、チーズバーガー

9/18日はチーズバーガーの日(誰が定めたのかは分かりませんが、とりあえず
そういう事になっているようです)だったので、まあ、とりあえずチーズバーガーを食いました。

d0188704_4343821.jpg


モス、フレッシュネスなどの日本のハンバーガーはアメリカのサイトではよく酷評されています。
最初は私もモスバーガーの不思議なうまさとか、具がはみ出具合の剛胆さを想って
悔しい思いをしていた。
しかし、しばらくして分かったのが、アメリカ人の考えるハンバーガーは
日本人のそれに比べかなり狭義であるという事でした。

日本では、まあ、とりあえずひき肉っぽいのがパンの間に挟まっているもで、うまけりゃいい、
という考えが主流だと想いますが、混ぜ物入りのハンバーガーはアメリカ人曰く、
「ミートローフサンドだ」という事らしいです。

私としては、まあミートローフでもミーロトーフでも何でもうまけりゃいい、と思うのですが、
アメリカ人、こういったカテゴリーの振り分けには結構厳しいのです。

で、アメリカ人の言うハンバーガーを食っている内に気付いた事二つ:
確かに混ぜ物なしのひき肉はうまい、そして調理法によって質が相当左右される。

てな訳で、ここにうまいハンバーガーを作るコツを何個か。

1:バンズはポテトバンズが最高。なくてもまあ、大丈夫ですが、とりあえず肉を焼く前にバターを塗って、フライパンで中身をトーストするのは必須。

2:肉は勿論牛100、で脂身は75%あたりが一番うまみがある。自分で挽ける設備があれば、
そうするのが一番。一人分100グラムちょい(1/4ポンド)がちょうどいい位。

3:成形するときは、こねくりまわすのを避け、ゴルフボール大の大きさに丸める。
塩、胡椒は肉から水分を浸透圧で出してしまう為、焼いてる時にかける事。

4:焼くのは熱々の鋳鉄もしくは鉄のフライパン。テフロン加工のものは、
熱すぎるとテフロンが溶けてしまうのでちょっと危険です。

5:油から煙が立ち始めたら、肉をフライパンの上に置いて(一度に二つ位が限度)
一気にフライ返しなどでつぶします。30秒以上たつと、肉汁がこぼれてしまうので、
この行程はなるべく素早く。

6:いい焼き色がついた感じの匂いがし始めたら、塩、胡椒をして裏返します。

7:そこですかさずチーズを乗せる。プロセスチーズでないと、うまく溶けません。
いいチーズはハンバーガー向きではないのです。残念ながら。
この行程でパンの一部を肉の上に乗せる、というのも可です。

8:でチーズが溶けたら、出来上がり。

とりあえず一番大事なのは、まず肉をこねないこと、成形も形をぎりぎり保てる程度に丸める事、
フライパンの温度を出来るだけ高く、そしてつぶすのは30秒以内。

こうすれば、シェイクシャック、スマッシュバーガー (shake shack, smashburger) 風の
潰しバーガーが出来ます。

もっと詳しい事を知りたい人は、シリアスイーツのバーガーラボの記事を読んでみて下さい。

ここのケンジロペズさんは、ピザ、バーガーに関してはかなりの権威です。


これに沿って作った自分のバーガーはかなりうまかったです。
アメリカンな体験、アメリカンな体験、と自分に言い聞かせ、
マディーウォータズの便秘声を聞き、メキシココーラを飲みながら楽しみました。

数年後の健康状態が怖いです。糖尿病予備軍。

ちなみに、「尿」を中国語読みすると「にゃう」らしいです。

かわいい。

とうにゃう。
[PR]
# by surcredibility | 2012-09-22 05:02 | グルメ・クッキング

いやー。

この年になっても音楽でむふーってなるんですね。

なんとなしにワイルドナッシングのライブに行ったら、
いや、もうかなり素敵な経験をしました。
もうドリームポップ系には食傷気味と断定していたのですが、


一曲目聞いたらもう半勃ちになりました。なんか、素敵で。



こんなんです。


で、またいいのが、バーにいる女の子がみんな目がかわいいんですよ。

基本的にレベルが高い、とかいう事ではなく、みんな恋しているのです。
バンドを見てる目がハートマークになってました。

それがかわいくてかわいくて。

こう、歌ってる人はまあ、普通の人なのですが、
歌がまたこう優しいというか、気が利きすぎる子、みたいな感じがして。
そのせいでみんなちょっと乙女になってました。

まあ、反勃ちの私が言える事ではないのですが。

反勃ちで乙女になっていた60分でした。
[PR]
# by surcredibility | 2012-09-14 14:44 |

夏2

いやあ、大変だった。

今年の夏休みはバンクーバーとカンザスでのんびりと博士論文を進める予定が、
諸事情でバンクーバー→台湾→バンクーバー→カンザス→日本→台湾→カンザス
というどうしようもない状態に。

さらにバンクーバーから帰る直前、大家さんからルームメートがキッチンを
焼き払ってしまったという連絡が。

大抵のものが無事だったものの、キッチン用品は段ボールに山のように積まれ、
煤をかぶった状態に。
それも火事の原因は、ルームメートがポップコーンを鍋で作っている間に
タバコを吸いに出かけたせいらしい。

今までも彼のポップコーン癖には悩まされていましたが、
(朝、セントラルヒーティングのスイッチが入り、家の空気が循環し始めると、
まずキッチンからの強烈なポップコーン臭がむわっと顔に当たります)
(あと、朝早めに起きると、禿頭の大男が半裸でポップコーンを貪るのを
見る事が出来ます。心が痛みます。)、
ポップコーンで火事を起こされるとは思わなかった。

八月に引っ越す事が決まっていたのですが、
その直前にこんな事が起こるとは。

てな訳で料理する気が殆ど起こらず、
引っ越しの日まで最低限の食事でどうにかしのぎました。

そんな時に作った料理の中でも結構いけたもの:

冷汁。

d0188704_6504742.jpg


バーミックスを持ってると意外と簡単です。

オーブンで味噌を焼いて、
バーミックス用の容器に缶詰マッカレルを焼いたもの(干物の代わり)
胡麻、あと焼いた味噌を入れてしばらくミックスします。
で、それっぽい野菜を入れて出来上がり。

スーパーで地元で採れたオクラとトマトが売られていたので、それを入れてみました。

二日酔いにラブリーです。

開高健に言わせたら、「猫のゲロ」のような見かけですが。
[PR]
# by surcredibility | 2012-09-03 06:56 | グルメ・クッキング

試験も終わり、成績をつけるのもどうにか終え、
教授とマンツーマンの食事を乗り越え、やっと夏休みとなりました。
まあ、夏休みといっても授業がないだけで研究はそのまま続くのですが。

しかし時間があるのは素晴らしい事で、
料理も夏休み前に比べてそれなりに凝ったものを作れています。
最近の流行はタマネギとローズマリーのコンフィチューラ。

このパンの間に挟まってるやつです:

d0188704_74465.jpg


タマネギを使ったジャムという感じのもんなのですが、
これが何にでも使えて非常に便利です。

勿論、シリアスイーツからの借り物レシピです。これ。

要は大量のタマネギを炒めて、大量のローズマリーを加えて、
バルサミコ酢をどばっと、砂糖を山盛り、そして弱火で水分があらかた飛ぶまで炒めて終わり。
お好みで月桂樹の葉やなんやら入れるのも可。

写真ではグリルドチーズに入れてます。
他にパスタに加えたり、サンドイッチに入れたり、
ポークソテーやチキンソテーにのせたりとまあ、色々と使用法があります。

グリルドチーズの作り方(以外と手間がかかります)に関してはまたそのうちに。

あと、諸事情でバンクーバーに一ヶ月半ほど滞在します。
というより既にいます。

寒い。雨が冷たい。


あと、チュー(Chew)ってアメコミにはまってます。

鶏食が法で禁じられている近未来のアメリカを背景に活躍する
アジア系食物版のサイコメトラー、という感じの食べ物好きにとってはツボにはまる
ストーリーな上、なかなか絵が可愛かったり、グロ要素が散りばめられていたり、
色々と楽しめます。

特に気に入っているのが超凶暴鶏のポヨ。

d0188704_7561120.jpg


かわいい。そして肝心な場面では

d0188704_7565489.jpg


かっこいい。
[PR]
# by surcredibility | 2012-05-23 08:00 | グルメ・クッキング

ベトナムサンド

筆記の試験が終わって残るは博士課程、口頭試験のみ。
ここは一つ気を引き締めて、最後の行程をしっかりと、
という場面なのですが、だらけまくってます。
スーパーメトロイドにはまったり。

筆記試験中にお世話になったベトナムサンドのバンミーの話でも。

d0188704_2521450.jpg


これ、初めて食べたのが北米の片田舎に交換留学していた時で、
ニューヨーク出身の友達が数時間離れている僕の大学まで届けてくれました。
野菜から水が出てしまって最悪な状況の中でもやたらうまい。

なますの甘いのとパクチーの風味と薄切りの唐辛子の辛いのんが何故かよく合う。

学会でボストンに行ったときも昼時になると中華街に早歩きで向かって、
バンミーを買ってました。
その時のはこれ:

d0188704_2593878.jpg


軽い食感のパンがうまい。

作り方はかなり簡単です。
大根とにんじんで紅白なますを作ります。水、酢、砂糖だけの簡単なもの。
後は堅すぎないフランスパンを開いて、

マヨネーズ(醤油、マギーソース、ナンプラーなんかを混ぜこんだものもうまいです)
プロテイン(揚げ出し豆腐を切ったもの、ハム、茹で豚、なんでも大丈夫です。最近は
薄切りの豚肉をナンプラー、酒、砂糖で炒めたものを入れてみたらかなりうまかったです。
Thit Heo Nuong というらしい。)
なます
パクチー
薄く切った青唐辛子

を入れて食べます。

これ食べた後は唐辛子のせいで、必ず腹を下します。
てな訳で気をつけて。

なますがあればすぐに作れるので、筆記試験中はひたすらこれを食べてました。

勉強せねば。

と思いながら今日は結局シマシマを読み返しました。

この漫画の女性キャラ、かなり好きです。
男性キャラとの距離感とか。こっそりオタクな人が多いとことか。

葛藤の末居酒屋でフライドポテト大盛りを頼んでいる図:

d0188704_3133596.jpg


素敵。

こういうの大好きです。

居酒屋なんかに行った時に肉大好きなのを隠しきれてない子とか。
肉のサイドに肉を頼んでるような。
[PR]
# by surcredibility | 2012-04-29 03:24 | グルメ・クッキング


アメリカ、貧乏、料理


by surcredibility

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ・クッキング
外食


ビール作り
未分類

以前の記事

2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

フォロー中のブログ

まいにち酒飲み

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

パタースビア
at 2015-04-19 07:51
スタウト作ってます
at 2014-11-01 03:21
家でビールを作る手順
at 2014-10-10 01:37
ビール作り
at 2014-10-08 07:11
アメリカ式ミートボールの作り方
at 2013-06-27 06:26

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お酒・お茶

画像一覧