<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨晩

グロテスクにゆっくりと動く甘エビを生きたまま食べるという
気持ち悪いのかおいしいのかあまりよく分からない夢を見た。

ベルセルクを読み返しているせいだと思う。

しばらく前に、何の小説か忘れたけど、全裸でないと排便出来ない
ラグビー部員という登場人物がいたのを思い出した。
それ以来続いている密かな僕のマイブーム。

マイブームとは死語なのでしょうか。

昔古舘伊知郎がトーキングブルースでおそらくマイブームという
言葉の流行を風刺しようとして、
「マイブームマイブームとか言ってますけど僕にとっちゃ
朝熱いシャワーを浴びながらおしっこするのがマイブームですよ」
と言っていたが、
ちょっと恥ずかしい自分エピソードを披露しただけで
全くマイブームに対する批判になっていなかったのを思い出した。
あとその頃同じ行為をマイブームとか恥ずかしいとか思わずに
当然のごとく毎朝嗜んでいたのが今恥ずかしい。

今日オハイオの国際映画祭で去年作った短編映画が上映される。
行きたかったけど金がない。

全く
[PR]
by surcredibility | 2011-04-25 03:35 |

スクワット、バーベキュー

ヒンズースクワット、ヒンズースクワット。
を昨晩試してみたら今日、驚く程歩くのが苦痛です。
歪んだ悦びは、歪んだ生活から来るものだと
再確認しました。
ちなみに体を鍛えている訳ではなく、ただなんとなしに
スクワットをしてみただけです。

歪んだ悦びといえば、バーベキュー。
アメリカ、特にテキサス、キャロライナ、カンザスなどの
地方でグリルを外に持ち出しハンバーガー等を焼くのを
「バーベキュー」と呼ぶと怒られます。
本当です。だって友達が怒れてたんだもの。
低温でゆっくりとスモークされた肉のみがバーベキューとの事です。
しかし定義がはっきりしているのは実はスモークされている、というとこだけで、
肉の種類、部位などは結構適当です。

この間、友達の旦那さんの誕生日にバーベキュー屋へ行きました。
店は最近出来たフェイマスデイブズ(有名なデイブのん)。
バーベキューが名物の地方で、何が悲しくてタイムズスクエアにも
出店しているようなチェーン店に行かなければならないのか、と思いながらも、
久しぶりの外食なので黙ってついて行きました。

ちなみに、アメリカの田舎町の飲食店はカップルなど複数の人向けな店が多く、
独り者が入りにくい店ばかりなので、結果的に外食する機会が減ります。
独り者には大都会がおすすめです。

あと、この一緒に外食したカップルはどうも新しい店を避ける傾向があるようで、
その為に僕の最近の外食は家で作れそうな炒め物中心のアメリカ風中華の店「アンコール」、
もしくはピザ以外は凡庸な味の「ジョニーの酒場」が中心です。他の店に行きたい。

結論から言えば、デイブのバーベキューは結構うまかったです。
見かけはこんなん:

d0188704_5524420.jpg


塊肉の端っこの部分が入っていたようで、かりっとした食感も混じっており、
なかなかいい味でした。肉も適度にスモーキー。しかし肉はちょっと細かすぎる
裂かれ具合だったので、モップを食ってるような、そんな悲しい気持ちに少しなりました。
なんといっても、コーンブレッド風のバンズが良かったです。
ポテトもかりっとした食感で、大きいポテト好きにはたまりません。

まあ、取り立ててうまいという訳でもないのですが、満足はしました。
特にバンズ。
しかしこの後あまりもの満腹具合のため、気持ちが沈みました。
広がる茶黄色の風景:

d0188704_5582078.jpg

[PR]
by surcredibility | 2011-04-24 06:00 | 外食

給食

コッペパンが好きでした。
コッペパンをくりぬいて色々詰めるのが好きでした。
カレーとか。スパゲッティサラダとか。
おでんとか。肉じゃがとか。

d0188704_5571142.jpg


サバーで見つけたレシピに従って作ったニューオーリンズのフランスパンをくりぬき、
マーガリンを塗りたくって肉じゃがを詰め込みました。
中身は汁が飛び出ないよう、肉じゃが→くりぬいたパン→肉じゃが・・・という風に
詰めました。二十年ほどを経て、自家製の材料で再現する貧乏臭い味。
味覚が進化していない事を痛感しました。
この調子で色々パンに詰めていきたいです。
[PR]
by surcredibility | 2011-04-22 06:01 | グルメ・クッキング

男とハンバーガー

知り合いの書いている学界の中の性差別に関する論文を読んでいて、
「男らしい要素を備えた女性はネガティブにとらえられやすい」
という部分を読んで少し反省しました。
今までの自分を顧みてみると、世間的に男らしいと思われる要素
を持つ女性に対して苦手意識を持っていました。
しかしよく考えてみると、その苦手意識は女性が男らしいと
言われる要素を持っている事に対してではなく、
ただ単に男っぽい男が苦手なだけでした。
男、苦手です。男友達はナヨってるのばかりです。
そして結果的にみんな卑屈です。ラブリー。

ラブリーといえば、最近まるっとしたハンバーガーのバンズが焼けました。

d0188704_641243.jpg


レシピはキングアーサー小麦粉のものです。
ふわふわでかなりうまい。しかし大人の手のひらぐらいの大きさで、ちょい使い辛いです。
これに豆バーガー+焼アスパラ+焼き肉のタレをはさんでみました。

d0188704_6451365.jpg


うまいです。そして腹が豆と小麦粉でいっぱいになります。
付け合わせはオーブンで焼いたポテトチップス。ついでに作り方を:
オーブンは190度から200度ぐらいに。
ポテトはちょい厚め(最大で半センチほど)に切る。
水分を適当に拭く。
油と調味料をたっぷりまぶし、混ぜる。
焦げないよう見守りながら、20分〜40分ほど焼く。
焼き時間は厚さ次第。そしてかりっとするまで我慢して待つ。

使ってるオーブンに結果がかなり左右されるので、
頻繁にチェックするのが大切です。しかしうまくできれば、
ものすごくおいしいです。自家製のチリケチャップをつけて食いました。

結果、晩ご飯が食えませんでした。
[PR]
by surcredibility | 2011-04-20 06:50 | グルメ・クッキング

サンド

ヴァシティ・バニヤンを適当に流したら死にそうになった。
思春期を思い出すどきどき加減。これです。

d0188704_1319666.jpg


写真は地元バーベキューのグランダディーズQ(祖父のQ)で食べた
切れ端のサンドイッチ。ソースがうまい。
歌と組み合わせたらどうにかなるか、と思ったが別にどうにもならなかった。
[PR]
by surcredibility | 2011-04-12 13:21 | グルメ・クッキング

映画

鬼才ウディ・アレンが放つ自慰作、
「オナー・ホール」
[PR]
by surcredibility | 2011-04-12 00:29 |

ハンバーガーらしいハンバーガー

アメリカではグルメ系バーガーがブームなようです。
カンザスみたいな田舎でもカンザスシティのブランク+ボトルズや
ローレンスのバーガーバーなどそれっぽい店があります。
そのせいか評価基準もしっかりと確立、制度化されていっているように感じます。
バーガー専門サイトのAHTなんかを読むと、焼き加減の基準の標準化はもちろん、「パン/肉比率」なる専門用語まで出てきます。
しかしそのために、その基準から外れたものに対する評価が厳しくなっています。

例えば、ニューオーリンズの帰りに寄ったバーベキュー屋さん

d0188704_636321.jpg


地元の店、って雰囲気です。そのままですが。
で、バーベキューの店で何故ハンバーガーかというと、
右端に小さく写っている看板に「町一番のバーガー」という看板があったからです。
あと、バーベキュー屋さんでハンバーガーを頼む利点として、
ポテトにバーベキューソースをたっぷりかけられる、というのがあります。
とりあえず、おしゃれ系+ハンバーガー専門店が主役の最近の流行からは
どうしようもなく遠い所にある店です。
で、これがそこのハンバーガー。

d0188704_6403331.jpg


ミディアムレアが主流のトレンドではどうも評価されなさそうな焼き具合です。
最近の流行はどうも1/3ポンドの場合はレア具合を楽しむバーガー、
1/4ポンドの場合は外側をカリカリに焼いた食感重視のバーガーなようですが、
どちらにも当てはまりません。
さらにパンもスーパーから調達した感じのフワッフワな奴。
勿論、チーズはプロセス風にテラテラしています。
でもやたらおいしかったです。
野菜は新鮮でしっかり冷やしてあり、レタスだけはなぜか
アイスバーグでなくちょい高めのサニーレタス。
タマネギは食感のためおそらくヴィダリアみたいな品種を少しばかり。
地元の高いバーガーを食べる時の至福感はないものの、
食べている間はかなり幸せでした。
ポテトフライはヘロヘロで油はおそらく若干古めですが、
(このあたりも批判されそうなのですが)
イモの味と油の味がしっかりして、
結構うまかったです。

少しばかり強引な結論ですが、質の標準的な基準を設けると、
「標準」の定義からは外れたものが不当な評価を受けるという所が
クィア理論みたいだな、と思いました。
という訳で当分のモットーは「全部素敵」です。
後日「素敵」というとアメリカの女学生みたいだ、と友達にバカにされました。

ここしばらく日本語を喋っていないためか、
文章の読みにくさが増しています。
[PR]
by surcredibility | 2011-04-10 06:54 | 外食


アメリカ、貧乏、料理


by surcredibility

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ・クッキング
外食


ビール作り
未分類

以前の記事

2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

フォロー中のブログ

まいにち酒飲み

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

パタースビア
at 2015-04-19 07:51
スタウト作ってます
at 2014-11-01 03:21
家でビールを作る手順
at 2014-10-10 01:37
ビール作り
at 2014-10-08 07:11
アメリカ式ミートボールの作り方
at 2013-06-27 06:26

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お酒・お茶

画像一覧