<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シシリア風ピザ

シリアスイーツの記事で見たシシリア風ピザを作ってみました。
前回作った時になぜかあまりうまく行かず、ねっとりとしたピザ生地と
トマトソースの混ざった塊が出来たので、今回はゆっくりと作ってみました。
全粒の小麦粉を使ったピザを食べてみたかったので、
全粒小麦で膨らみが減る分を考慮に入れて、
小麦粉/全粒小麦粉の配分を250/250g位にして、
水分をその80%、つまり400mlぐらいにしてみました。
イースト、塩、砂糖を小さじ二杯ずつ位。
これをスプーンで肩が痛くなるまで混ぜます(10分ほど)
生地はかなり弛めで、こんなんです。

d0188704_11341248.jpg


たっぷり油をしいたクッキー用の32/45センチぐらいのパンに
入れて、オリーブオイルを上に塗りたくり、放っておく事4時間。
記事が横に膨らんでパンを完全に覆うくらいになったら、
手で記事を均等になるようのばし(手に油)
ソースの3/2ぐらい(200ccほど)を上にのばし、
パラッとパルメザンをかけて、280度のオーブンに五分。
生地の下の方がカリッとなるよう一番下の段に置きます。

取り出したら、具、チーズ、そしてチーズの上に適当に
残りのソースを垂らし(フィーリングで)
オーブンのやや上の方の段で今度は15分ほど。
チーズがいい感じに焦げるまで。
出来上がり。こんなんです。

d0188704_11353588.jpg


今回の具は、旬のアスパラガスと、パセリです。
結構成功。結構うまい。
しかし生地のパンに対するくっつき具合がどうしようもない。
焼き上がりから食べる段階に至るまで、10分ぐらいかかりました。
そしてスパチュラが曲がりました。がりがりし過ぎです。

普段あまり動かないので、混ぜる→がりがりするの作業ですでに
筋肉痛気味です。

肉体的苦痛でやさぐれてスーサイズを聞きます。
ジョンスペンサーがすごいテンション低い感じです。
それかトムウェイツが感電した感じ。それは違うか。
こういうのもっと聞きたいけど何を聞けばいいのか分からず。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-31 11:45 | グルメ・クッキング

ゆきゆきと肉まん

今日のTAの仕事で日本のドキュメンタリーのちょっとした講義をしました。
そしてそこから日本映画の上映。ゆきゆきて、神軍にとまどいを隠せない
アメリカ人生徒を見てゾクゾクしてました。
あ、生徒のへんなツボに入ってる、って気付いた時の快感はたまりません。

その準備に追われて、本日の夜ご飯は図書館で食べる
日曜日に準備しておいた冷凍肉まん。
肉まんつくるの初めてだったので、形はかなり不細工なうえ、
中身の味付けも薄味気味になってしまいました。
しかし一年間以上抱いていた肉まん欲の前では、
これもたまらないごちそうでした。
作った直後の写真:

d0188704_1401423.jpg


何にしても、山盛りというのは心が豊かになった気がします。
山盛りのコロッケが見たい。てか食べたい。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-29 14:04 | グルメ・クッキング

ニューオーリーンズ

から帰って来てしばらくたちました。
いや、あの学会は大変でした。
一日目はうちの学科の常に泥酔している方と、
女傑の方とcochon という落ち着いたケイジャン料理を出す店に
行ったのですが、待ち時間があった為、待ち時間中に結局三人で泥酔という状況に。
二日目。映画学の有名どころが集まる学会なので、レセプションから
学会というよりどこかの同窓会に紛れ込んだ感じに。そして女傑と泥酔。
昼飯を食う暇がなく、適当な安食堂に入ってガンボ(シチュー的なもん)
を頼んだら、丼が切れていたらしく、ドリンク用のコップ(大)に
たっぷりとガンボとライスが詰め込まれました。中ジョッキぐらいあった。
満腹すぎて晩飯食えず。
三日目。ポルノとパンクの組み合わせが商品化されている、という
パネルが面白かった。夜飯は女傑がおすすめするバーベキューへ。
バーベキューの本場から来ているのに何故ここでバーベキューを、
と思ったものの、言われるがまま肉のある方向へ。
しかしそれが間違いだった。

d0188704_14273589.jpg


スモークされた肉独特のカリッとした食感は皆無。
柔らかいだけが取り柄の筋張った肉。

d0188704_14284972.jpg


しかし肉は肉だし、バーベキューとしては微妙でもうまいのはうまい。
結局他の人が残した肋肉と鶏も食いました。
そしてその後テキサスの友達と合流し、飲みに行ったものの、
腹が膨れすぎてビール飲めず。結局ウイスキー一点に絞り、泥酔。
サムライチャンプルーの発表を控えた人を捕まえてアニメの話を
ひたすらしていたのを覚えています。

四日目。修士の頃のアドバイザーと昼飯。何故か女傑も同伴。
レッドフィッシュとかそんな名前の店で牡蠣のポーボーイ。

d0188704_14334777.jpg


パーツごとの完成度は置いといて、この組み合わせは殺人的だった。
ニューオーリンズのバゲットはフランス系のガリッとした食感ではなく、
かりっとした感じ。軽い口当たりで牡蠣の食感を邪魔せず。
それにしてもカキフライをサンドイッチにするという発想がたまりません。
ろくな魚介類をここ数年食べてなかったせいで、目が潤みました。
そしてデザート。

d0188704_14341570.jpg


チョコレートのパンプディング、アイスクリームのせ。
カロリーの高さとうまさは比例する、という神話を体現したメニュー。

しかし数日続いた不健康な生活のせいか、自分の発表を明日に控えている
というのにここで熱を出しダウン。ホテルでフレンズの再放送をベッドで見ながら
ビールを飲むという治療法のおかげで翌日はどうにか少し回復。

そして発表。
パソコンをつなげ、キーノート(マックのパワーポイント)を立ち上げる。
ここで通ぶって、ショートカットキーでフルスクリーンにしようとするが失敗。
DVDソフトの癖で、フルスクリーンのコマンド+Fを間違って押してしまいました。
そうしたら検索ウィンドウが前回検索したキーワードと共に出てくるんですね。
という訳で、会場に大画面で映し出される「Find: フェラチオ」の文字。
フェラチオって検索かけた覚えも全くありません。この時点で現実逃避をして
「夜に妖精さんが検索かけたんだろうな」とか考えていました。

勿論、発表の直後に日本人の出席者がいる事を知ります。

でまあ最終日は軽くホテルの昼飯。

d0188704_14472087.jpg


またポーボーイ。今度は海老。完成度は高いがしょっぱい。
でそのまま微熱でカンザスまで運転して帰りました。14時間の道程です。
勿論、それもスムースに行く訳がなく出発後三十分でタイヤがパンクしました。

次の日にあるべき形のハンバーガーを見つけました。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-28 14:54 | 外食

青梗菜のツナあんかけ

d0188704_10313122.jpg


右下のもんです。
青梗菜をさっと油で炒め、みじん切りしたにんにく、鶏がらスープの素、水、
塩ちょっと、そして油をきったツナ缶を入れる。
煮立ったら少量の水で溶いた片栗粉を入れて、再び煮立ったら
火をとめ、ごま油をたらし、大きく一混ぜして皿にとる。
うまくて、地味です。
にんにくではなく、生姜で作ればそれもまた。
青梗菜って大量に買ってしまう割に、
あまり使い道がなくて作った貧乏料理です。

春休み中な事もあり、日本の今の状況と自分の状況の
差がありすぎてかなりの非現実感を感じます。
英語のレポートに成績をつけつつ日本を想う。
脳の言語の部分と記憶の部分が撹拌されてる感じです。
そこからおいしいマヨネーズでも出来ればいいのですが。

腹が減ってるのかもしれない。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-24 11:37 | グルメ・クッキング

マイブーム

白湯。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-22 05:50 | グルメ・クッキング

地震と食べ物

ニューオーリーンズの映画学関係の学会で忙しくしていたら、
急に大震災の事を知り合いの電話で知り、パネル→外で電話→パネル
とうろうろしながら動揺していました。
日本にいれば何かしら出来る事が見つかるのでしょうが、
あまりに遠い場所にいるため、とりあえず無力感にひたっています。
行方不明の方々が無事でいるように願うだけです。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-21 14:06 |

ポーボーイ

学会から戻ったらすぐにクラスでプレゼンがあるので、
必死にペーパーを終わらせようと頑張っていたら、
予定より大分早く終わりました。
望んでいた結果なのですが、六時半からのTAの仕事まで
一時間ほどあるので、とてつもなく暇です。
リサーチする気にもなれず。

ニューオーリーンズに行く記念にそれっぽいものを作ってみました。

d0188704_8394164.jpg


名物、ポーボーイです。
定義は非常にファジーです。
大抵の人は「フランスパンで作ったサンドイッチ」が定義だと言いますが、
それではただのバゲットサンドなのでは?
具も、鶏、牡蠣、海老、魚、などなんでもありなようで、
どうも名物料理ってのに納得がいきません。
でもまあ、バゲットで作ったサンドイッチなのでまずい訳がありません。
だけど残るファジーな気持ち。
満遍なく薄毛が生えてる、というとニュアンスが変わりますね。

僕が作ったのは、手作りのフランスパン風にフライパンで揚げたスワイという白身魚、
白菜の千切りを塩胡椒で和えたもの(その場ですぐに食べる分には、レタスより
白菜の方が素直な味で、歯ごたえも良いので結構使えます)
あとみじん切りピクルスをマヨネーズに混ぜた即席手抜きタルタルをのせました。
白身魚はニューオーリーンズでこれまた名物の鯰フライに近づてみようと、
塩胡椒をたっぷりとつけたスワイの切り身に
コーンミールと中力粉を半々、そしてカイエンとパプリカを適当に振った衣をつけました。

大して手間がかかっていない割には、かなりうまかったです。
コーンミールの衣は小麦粉に比べ、独特の食感がありおいしいです。
改良出来る点があるとすれば(てか間違いなく色々あります)
タルタルソースを本格的なものにする事でしょうか。

TAを終えて家に帰ったら十時。
明日出発は四時。
目的地までは十四時間。乗客は僕のみ。
出発する前からすでに逆境です。

あと全く関係ないのですが、最近レシピブログで
下ねたを検索ワードに使うのがマイブームです。
しかしこれで引っかかるページがなかなかない。
レシピ登録された記事全体が検索の対象になる筈なので、
ない筈はないと思うのですが、何故なのでしょう。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-09 08:56 | グルメ・クッキング

ソーセージ。パイ。

先日、パーティーの為にパイを持って行こうと思い、パイ生地を作ったのですが
結局時間切れで焼く事が出来ませんでした。
使い道のないパイ生地がたっぷり。
という訳で。

d0188704_793226.jpg


フランクフルトのパイです。
アメリカのフランクはやたら塩辛いので、
半分に切って、マスタードと共に入れてみました。
350F(180c)で二十五分ほど焼いた結果がこれなのですが、
焼き色がいまいちなのでもう少し温度が高くてもいいと思います。
うまい。けどまだ塩っからい。あと卵を溶いたのんを塗るハケが欲しい。
手で直に塗りたくるのは効率が悪い上に、見栄えが悪いです。
フランクはカウボーイの姿がパッケージにのっている、
アールのホットリンクというのを使いました。
カウボーイがアールだと思います。

ちなみに、こんなもんを急に作ったのも、
今週学会でニューオーリンズに行く為です。
張り切って行きたいレストランのリストを作りました。
ニューオーリンズに行く予定がある場合は参考にでも。

McHardy's Chicken & Fixin
1458 North Broad Street, New Orleans, LA 70119
Fried Chicken

Willa-Mae's Scotch House
2401 Saint Ann Street, New Orleans, LA 70119
Fried Chicken

Stanley Restaurant
547 Saint Ann Street
Breakfast

Liuzza's
3636 Bienville Avenue, New Orleans, LA 70119
NO, Sicilian food

Cochon Butcher
930 Tchoupitoulas, New Orleans LA
Mufflettas, Cured meats

Tracey's Bar & Restaurant,
2604 Magazine Street, New Orleans, LA
Best Roast Beef Po' Boy


Camellia Grill:
626 South Carrollton Avenue, New Orleans LA
Breakfast stuff

Morning Call Coffee Stand:
3325 Severn Avenue, Metairie LA
Beignet

R&O's:
216 Metairie Hammond Highway, Metairie LA‎
Seafood shack

Non-budget stuff:

Stanley
547 Saint Ann Street, New Orleans LA 70116
Upscale Diner

Drago's:
2 Poydras Street, New Orleans LA 70140
Oysters

Domilise's:
5240 Annunciation Street, New Orleans LA
Dive place, po' boys

Best Stop Supermarket:
615 Highway 93 N, Scott LA 70583
Best Boudin
[PR]
by surcredibility | 2011-03-08 07:17 | グルメ・クッキング

鶏と根野菜のロースト

最近NYタイムズで客の要望に応えないレストラン
の記事が載ってました。痛快でした。
日本に比べ、アメリカのレストランは
結構自由がききます。付け合わせを変えてもらったり、
肉を抜いてベジタリアンにしてもらったり。
レストランの方も、なるべく客の要望に応えられるよう、
ベジタリアンやビーガンの人が食べられる料理をメニューにのせたり、
麺料理の場合なんかは豆腐、肉、魚介類の三種類から選べるようになっていたりします。
まあ、そういうレストランではやはり、こだわりってもんがあまりありません。
一度興味本位で豆腐の入った麺料理を食ってみましたが、
麺に混じって味の一切ついていない豆腐が入っていて、
食えたものでない、とまでは行きませんが結構なまずさでした。
この経験から、ベジタリアン向けカスタマイズ可のレストランに
不信感を覚えるようになりました。
考えてみたらベジタリアン仕様可という事は、
魚介類や肉を使ってとったダシを使ってないという訳なので、
うまくない筈ですよね。

しかし二年連続同居人がベジタリアンなので、
外で食う時はこういう所にしか行けません。
カンザスにいるというのに、バーベキューが食えない。
一度同居人を本格的な中華料理を食べに
連れて行ってみたら、頼めるものが一切メニューになかったため、
結局二人で二種類の味付けの異なる焼きそば的なものを
つついて帰りました。深く反省しています。
肉食い、エスニック料理可、イロモノ可な友達が欲しい。

という訳で肉欲求は家で済ませています。
これはこの間作った鶏腿のロースト:

d0188704_7234271.jpg


オーブンでチキンを効率よく焼く為に
大きめのサイコロ状に切った根野菜を
敷き詰めるといいとどこかで読んだのを
試してみたくて作りました。
鶏の下の野菜は、
じゃがいも、にんじん、そしてカブです。
鶏のもも肉に塩、胡椒、タイム、ローズマリー、ガーリックパウダーを擦り込み、
180度ぐらいのオーブンで肉汁が透明になるまで焼きました。
三十分ほどでしょうか。
肉が全面こんがりと焼ける上に、
メインと付け合わせがいっぺんに出来て便利です。
ケニア料理のスクマと一緒に食べました。
悪い例の無国籍です。

d0188704_7311290.jpg


でこれは全く関係ないのですが、
ギャラクシー500(カタカナだと昭和の寝台列車みたいです)
がカバーしたニューオーダーのセレモニー
シャッフル状態の時にこの曲がかかるまで、
こんな曲持っている事知りませんでした。
自分のプレイリストの把握が全然出来ていません。
結構なぽんこつです。
[PR]
by surcredibility | 2011-03-07 07:37 | グルメ・クッキング


アメリカ、貧乏、料理


by surcredibility

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ・クッキング
外食


ビール作り
未分類

以前の記事

2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

フォロー中のブログ

まいにち酒飲み

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

パタースビア
at 2015-04-19 07:51
スタウト作ってます
at 2014-11-01 03:21
家でビールを作る手順
at 2014-10-10 01:37
ビール作り
at 2014-10-08 07:11
アメリカ式ミートボールの作り方
at 2013-06-27 06:26

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
お酒・お茶

画像一覧